2年8ヶ月ぶりのライブ(セミアコギターを買おう!・実戦編)

画像

画像


8月6日の土曜日、「レインボー戦隊ムラサキ」を抜けて以来、2年8ヶ月ぶりのライブを敢行!
これは、6月に買ったセミアコギターの実戦ビューともなった訳でした~!
それで、今回のサブタイトルが「セミアコギターを買おう!・実戦編」になってるわけね。

というわけで、ライブの報告の前に、このギターについての追加情報をひとつ。


このギターを紹介するときに、「島村楽器オリジナル」って書いたけど、島村楽器のサイトの販売ページを見つけたのでその紹介。
斜めから撮った写真があるので、全体のカタチがよくわかるかも。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/shimamura/4514922173811.html

このギターの名前、正しくは「SRSA65」っていうのね。頭のSは島村の頭文字かな?


それと、このギターを買ったという人のブログも見つけたのでそれも紹介。

http://blog.livedoor.jp/yorozuya_kensan/archives/1468579.html#

アイバニーズの「AS74」と比較してこっちに決めたって書いてある。このへん、ちょっと嬉しい♪



それと、先日、元プロのギタリストで、今はバイク屋さんをやってるMCKさんちに見せびらかしに行って来たときに(笑)、「クリーンはなかなか良い音がする」という評価をいただいた。
このお店のお客さんで、レスポール使いの方からも同様のお言葉をいただいたそう。

数年前にお亡くなりになった伝説のギタリスト「成毛滋」さんが常々おっしゃっていた「高くて良い音がするのは当たり前。安くて良い音がするのが良いギター」という言葉が実践できたようで、とっても嬉しい♪



という前置きはこのくらいにして、それではライブのレポートをば。


今回は、今までのハードロック路線とはがらりと変えて、ピアノと歌、おまけでちょっとだけギターという構成でバラードをやるというユニットだった。


大成功!・・・と言えればいいんだけど、そこはそれ、生来のチキンハートぶりが思いっきり出てミスを連発(ノ_<。)うっうっうっ

それでも、観に来てくれた方々には結構喜んでもらえたようなので、良かったかな~、って思っております。


では、以下、そのへんを・・・



数年前から、複数の人に「お前はハードロックよりバラードを歌った方がいい!」と、ある意味ハードロックにはダメ出しともとれる助言をいただいてたこともあって、んではいっちょやっとみるか!とバラードユニットの結成を画策。

友人に、でんこさんというプロのクラシックピアニストがいるんだけど、二人ともドジなせいか脳天気なせいか、なんか結構ウマが合う。
元々は、ミクシィ上で結成されたデヴィッド・ボウイのコピーバンドで知り合ったんだけど、こちらが諸般の事情により開店休業中なため、ときどきセッションで一緒に演奏してたり。
今現在は、サラ・ブライトマンのコピー・バンドを一緒にやってたりするんだけど、ワシは、好きなクラシック作曲家がリストとショパンってぐらいピアノの音が好きなので、バラード系ユニットのお願いするならでんこさんしかいない!ってことで、二人でをやろうとでワシが持ちかけて実現した次第。

とはいっても、簡単にできたわけじゃなくて、さすがにプロなのでワシのヘタレぶりを知ってか、最初に誘ったときにはOKしてくれず( iдi )
それから人知れず、歌い方や声の出し方の練習をして精進を重ねていたら、1年後ぐらいにやっとOKがもらえて、ユニット「いぶでんこ」結成の運びとなった♪


・・・いや、努力とかキライなので、精進といっても実はぼちぼち(爆)


それでも、色々とやるにはやってみた。

まずは発声の本を数冊図書館で借りてきて(ビンボーなので買えない)声の出し方を練習してみた。
うーん、やっぱり基礎は大事だなぁ~って改めて思ったよ。ずいぶんと勉強になりました。

続いて、前々からどうにも自分の歌い方はぶっきら棒だと感じていたので、色んな上手なボーカリストの歌を聴いて、下手な人と歌い方や声の出し方がどう違うのかを研究してみた。
その過程で一時期、やたらビブラートかけ過ぎで自分で、とてもロックボーカリストっぽくない状態になってイヤになったりしてたけど、さらに色々と試してそのうちもう少しマシな状態になった。

それから、力んで音程をはずすってことも多かったので、慎重に音程をとる歌い方ができるような練習もしてみた。


てなことやった成果が一年後に出た・・・・んだと思う


それから二人で練習を始めたわけだけど、そのうちでんこさんが「曲によってはギター弾いて~」とか言い出し、Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン・・ってな感じだったんだけど、確かにピアノだけじゃ音が寂しい曲もあるし、なにより、お願いしてコンビ組んでもらってるうえ、発生方法も含めて音楽的知識を色々と授けて貰ってる手前逆らうわけにもいかず、それから必死でギターを練習する日々が始まったのだった!


・・・いや、努力とかキライなので、こっちもぼちぼち(爆)



一応は自分のギターは持ってるものの、以前にも書いたとおり、ほとんど黒に近いガンメタのアイバニーズのRGっていう、どこからどうみてもヘビメタ様御用達ってギターなんで、さすがにバラード系ユニットで弾くのは遠慮したかったから、少なくとも外見上は大丈夫なセミアコースティクギターを買うことにしたのだった。
それが、ここのブログの一連の「セミアコギターを買おう!」編になっちゃうわけね♪

それと、自宅は埼玉北部だけど練習は平日に都内でやるわけだから(ワシもでんこさんも土日は忙しくて時間が取れない)、都内に置いておけるギターが欲しいってのもあった。
平日に、片道2時間の通勤時間をギター持って往復するのはしんどい!
てゆーか、それ以前に仕事場のビルに持って入れないから無理なんだけど・・・



本格的に練習を始めたのは今年に入ってからで、最初は、「7月でもライブできるんじゃね?」とか結構お気楽に構えてたんだけど、いざ最初のライブが8月6日に決まってそれに向けた練習を始めてみると、最初に練習してた曲のいくつかはライブ用としては使いづらい感じがしたので新しい曲に変えたりして、正直、ライブまでには少し時間が足りず完璧な状態にはもっていけなかった。

・・・特にワシのギターが(爆)


でもね~、大好きなピアノに合わせて歌うってのは、練習しててもすんごい気持ちよかったね(笑)
・・・これで、もっと自分がイメージしてる通りに歌える力量になるともっと楽しいんだろうけど(^^;)


そんなこんなで、最後は、2週間で3回、3時間ずつ練習してやっとこなんとかカタチになるまでは持って行ってライブ当日を迎えたわけだけど、一番の不安材料であるワシのチキンハートぶりがやっぱり出て、ワシが色々とミスを・・・(ノ_<。)うっうっうっ


そこらへんも含めて、ライブの様子を書いてみる。まず、セットリストはこんな感じ。

1.A Song For You / Leon Russell
2.Without You / Harry Nilsson
3.サルビアの花 / 早川義夫
4.Love / John Lennon
5.The Rose / Bet Middler
6.Lady Grinning Soul / David Bowie
7.Fighting Man / Gillan
8.Bridge Over Trouble Water / Simon and Garfunkel


で、曲ごとの解説とどのへんがどうだったのかを以下に。

◆オープニング
 「こんばんは、いぶでんこです」の一言で、あっさり開始。


◆A Song For You / Leon Russell
 数々のカバーバージョンが存在する本曲をオリジナルのLeon Russell版でやってみた。
 会場であるバーのマスター(グループ・サウンズ「ズー・ニー・ヴー」のメンバーだった方!)にはオリジナルってところが気に入っていただけたようで嬉しかった♪
 「お客さんに聴かせる」という点では特に問題はなく、「つかみはオッケー!」って感じだったんだけど、自分が気合を入れすぎちゃって、1曲目なのにちょっと喉を使いすぎ後々の曲に影響が・・・

 んでもって、その模様はこちら(^^;;;;;
http://www.youtube.com/watch?v=x2FpR6X8Vlo


◆Without You / Harry Nilsson
 1曲目で少し喉を使いすぎたせいで、練習どおりに声が出ず( p_q)
 しかも、さびの部分で一箇所声が裏返っちゃったり・・・情けない・・・

 この曲のあと、1曲目、2曲目の失敗ですでに気持ち的に余裕がなくなってて、曲の紹介とMCがすっ飛んじゃった。
 ちなみに、MCはこんなの・・・
[]内は本番時にちゃんとしゃべった部分

 --------
 [このユニットはですね、見ての通り「ピアノ」と「オッサン」という組み合わせで、バラードをメインにやるというユニットです]
 ・・・・が、二人とも気まぐれなので、今後はどうなるかわかりません。1年後はチャカポコチャカポコとレゲエをやってるかもしれません。
 で、パート構成は、今まで聞いていただいたとおり、でんこさんのピアノに合わせて私が、「しゃべり倒す」という、こういう構成になっております。
 ★でんこ「ちげぇよ!」
 ・・・え!?(と言ってでんこさんの方を見る)
 (そのまま3秒)
 では、次の曲にいきたいと思います。
 --------

 はい、しょーもないですね(笑)


◆サルビアの花 / 早川義夫
 ワシと同世代の人なら知らない人はいないというぐらいな名曲中の名曲。
 この曲も、ものすごーく多くのミュージシャンにカバーされてるけど、一番ヒットしたのは、最初にシングルレコード化された青山学院大学に通っていた女の子3人組の「もとまろ」のバージョン。
 しかし、彼女たちの歌い方はとても綺麗で優しく、この曲が本来持っているストーカー的な怨念とも言える情念が篭った歌い方ではないので、それが確実に篭っているオリジナルの早川義夫バージョンで演奏。

 1曲目に喉を使いすぎたのが自分でもわかったし、練習中にでんこさんから「抑え気味に歌った方がいい声が出る」と言われていたので、この曲は抑え気味に歌ってみた。
 ・・・だけど、あとで動画を見てみたら、抑えすぎてて自分的にはいまひとつな歌い方になってたのでちょっと残念!
 次回、リベンジしたい曲の第1位であります。


◆Love / John Lennon
 ここから、無謀にもギターを弾いてみた(爆)

 ということで、「Burny SRSA65」くんの実戦デビューとなりました~!
 O(≧∇≦)O イエイ!!


 この曲はコード弾きだけだったんだけど、いや~、歌いながら弾くのってやっぱり難しい
 ギターも何箇所かコード進行をミスってるんだけど、それよりもギターに神経を使うあまり、歌の方が音をめちゃくちゃはずしてて散々・・・orz
 だいたい、時々左手を見ないとコード進行できないのがだめだよね。もっと、歌いながらギターを弾く練習をせねば!

 という訳で、恥ずかしいのでこの曲の動画は無し(^^;)


◆The Rose / Bet Middler
 この曲はでんこさんに歌ってもらいました♪
 そんで、2番からワシの下のコーラスとギターが入り、3番はワシがメロディラインででんこさんが上のコーラスを入れるという変則構成。
 今回やったギターを弾く曲の中じゃ一番うまくいったかな~、と思う。

 終わったあとに↓のように曲の紹介をするつもりだったのに、これも飛んじゃいました(ノ_<。)

 --------
 ベット・ミドラーの「The Rose」を聞いていただきました。
 この曲は、ジャニス・ジョップリンの生涯を綴った「ローズ」という映画ので使われた曲ですね。
 --------

 んで、この曲の模様はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=GGz4oUI930E


◆Lady Grinning Soul / David Bowie
 でんこさんとワシは、元々はミクシィ上でデヴッド・ボウイのコピーバンドを結成して知り合った仲なので、やっぱりボウイの曲を1曲やらんといけませんY(>_<、)Y

 この曲は、冒頭にかなり激しいピアノが入っていて、ピアニストとしてのでんこさんのスゴさが一番伝わると思ったので半ばワシのごり押しで入れてもらったんだけど、いや~、テンポがすごーくキープしにくくて難しい曲だった!

 最後の繰り返し部分でなぜかコードがずれちゃって、すぐ気づいたんだけど、戻すのに手間取って(ノ_<。)
 練習では一度もそんなことなかったのに、やっぱりチキンハート・・・orz


◆Fighting Man / Gillan
 さんざんっぱら、「このユニットではバラードしかやらない」ってしゃべりまくってから「次はイアン・ギランの曲です」って紹介して、客席の反応も期待通りだったんだけど、その返しで「はっはっは!・・・キミタチ、人生なんてそんなもんだよ(人差し指を立てて振る)」ってのをやる予定がこれも飛んじゃった(ノ_<。)
この曲のギターは、ディストーションかけて弾いてみた。

 このギター、買ったばかりのせいかチューニングが狂いやすいため、この曲の前にチューニングし直すのと、ギターソロを弾くんでそのためにピックを硬いのに変えなきゃいけなかったのに、それをどっちも忘れてしまって・・・
 まず、コードを弾き始めたらチューニングが狂ってるのに気づきあせる。
 そして、ソロに入る直前にピックを変えるのを忘れてるのに気づいたら、その瞬間に頭が真っ白になって、もうソロはなにを弾いてるのかまったくわからない状態だった。
 あとで動画を見たら、もうひどいのなんのって・・・(T△T) アウアウ~

 というわけで、これも動画は見せません(爆)


◆Bridge Over Trouble Water / Simon and Garfunkel
 これは、セッションででんこさんと二人きりでやった最初の曲で、ちょっと思い出に残る曲。

 そのときに比べたらずいぶんと歌い方はマシになったと思う。

 最後は、ギターを弾かなかったけど、歌に専念するとミスも少ないので大正解だったね(笑)



実は、アンコールにビートルズの「ヘイ・ジュード」を用意してて、最後の繰り返し部分はみんなで歌おうと画策してたんだけど、アンコールがかからず残念!
こんなことから、サクラを用意しておけば良かったよ(笑)





今回のライブは、自分で企画して場所も自分でとってやったので、もう一バンドの合計2バンドと小ぢんまりしたライブだった。

ワシらが最初で、トリのバンドは「MAICCA」っていうレベッカのコピーバンドだったんだけど、こっちはみんな上手ですごーく良かったね~♪
しかも、ワシがレベッカの大ファンなので、楽しく聴けて余計に良かった♪

それにしても、ギターのフジちゃんさんのプレイを見ると「これがホントのギターだよなぁ~」って思わずにはいられなかったね(^^;;;;;

フジちゃんさんとは、以前にセッションでジミヘンのリトル・ウィングを共演させてもらったんだど(ワシはボーカルね)、ギターソロの部分であまりのプレイの見事さに、ステージ上でボーっと突っ立ってプレイに見とれてたということがあったりした(爆)
テクニックだけじゃなくて、音作りってところでも凄い人だと思う。

バンドやってセッションにも参加してるからギタリストの知り合いはたくさんいるんだけど、フジちゃんさんはその中でもトップクラスだと思う。

うーん、ワシもああなりたい・・・・・けど、そんな日は永久に来ない気がする(爆)


なお、今回の動画はフジちゃんさんに撮っていただきました。ありがとうございました


というわけで、でんこさんのピアノはミスも少なかったのに、ほとんどワシのせいでずっこけちゃった曲が何曲もあって本当に申し訳なかったですm(_'_)m

見捨てられないように、精進せねばっ!



でも、「MAICCA」を見に来てた方々からもお褒めの言葉を頂いたり、バーのマスターにも選曲も含めて褒めていだいたりして評価は上々だったので、これからも続けていきたいと思います。ご声援よろしくお願いしますm(_'_)m




最後に、極秘情報をこっそりリーク!


・・・次回から、メンバーが一人増える予定なのだ( ̄+ー ̄)キラーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

でんこ
2011年08月16日 03:48
ヘタレじゃから断った訳ではなく、独りピアノでバンドものを弾くんが大変だと思ったから。。。

お互いに、レベルアップはこれからの課題じゃしw

やり始めたからには、逃げれれませぬぞ(笑)
(* ̄ー ̄)σ♪
いぶくろう
2011年08月16日 09:39
逃げる!ダッシュ(走り出すさま)


ウソウソ手(パー)

これからも苦労かけると思うけど、よろしくお願いしますm(._.)m
Kensan
2011年08月16日 20:53
どーも! はじめまして!
この度は"Think about it! ~疾風怒涛の裏家業~"のブログをご紹介頂きありがとうございます。
実は僕はバンドでVo担当なんでギターはコード弾きが出来る程度のヘタっぴです。でも「SRSA65」のスタイルと音に惚れて練習の日々です。
多分、ライブで演奏する事はあまりないと思いますが曲作りや弾き語りで使ってみようと思います。
セミアコ初心者なんで、また色々と教えて頂ければ幸いです。
それと勝手しますが、こちらの"ロッカーけもの道"をリンクさせてもらいました。ご迷惑ならばご一報下さい。
いぶくろう
2011年08月17日 00:03
>Kensanさん
はじめましてm(_'_)m
当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

私も今まではボーカル専従でしたので、ギターは初心者でございます。
なので、こちらが教えていただきたいぐらいでして(^^;;;;;

ただ、ギターそのものは好きなので色々と調べてます。

SRSA65、良いギターですよね~♪
手元にないので、まだ全然弾けてませんが、弾いてて楽しくなるギターです

ここ数回のブログに買うまでの顛末がまとめてありますので、よろしかったらご覧ください

あと、勝手にそちらのブログを紹介して申し訳ありませんm(_'_)m
リンクはもちろんOKです。こちらからもリンクさせていただきますね♪
Kensan
2011年08月18日 20:48
どーも!
"いぶくろう"さんのプログに書いてあったように、僕もライヴの3曲目に「Burny SRSA65」を使ったんですがチューニング・・・狂ってました。
ステージではスポットとかの熱の影響で狂うらしいです。
まあ弾きこんでるギターは大丈夫らしいですけどね。
それと僕もエフェクターを使う予定だったのが、久々にギターを弾くんで頭が真っ白になったのか・・・エフェクターを使うのを忘れてました。
歌うことやMCは緊張しないけど、ギター弾きながら歌うのはやっぱ緊張しますね。
>Kensanさん
2011年08月20日 21:07
あれ?やはりチューニング狂い安いですか?
買ったばかりだからだといいんですが、このギターの特質とかだったら少し困りますね

ゆっぱり真っ白になるタイプですか?(^^;)
同じような方がいて、ちょっと気持ちが楽になりました
GLASSONION米田
2011年08月22日 15:36
雰囲気ある、かっこいいライブハウスだね~。
いいなぁ~(;_;)

いぶくろう
2011年08月23日 07:08
>米田くん
いらっしゃ~い手(パー)

ここは、フロアがL字型になっててその屈曲部がステージになってるっていう、一風変わったレイアウトだけど、店はキレイだし、演奏中もマスターがPAを細かく調整してくれるので、演奏するにはとてもいいよ~♪

ここでライブやるのは2回目。セッションも何度かやったよ。

さあ、キミも目指してみよ~(^O^)/

この記事へのトラックバック